国立小学校受験に合格する子の特徴はあるのでしょうか。
全国に国立小学校はありますが、各地によって特徴が様々あります。

一般的に地方の国立小学校受験はそれほど難しくないので、全く準備せず合格する子もいます。
しかしながら、大都市の国立小学校受験は非常に人気で準備せず合格をいただくことは難しいです。

ここでは大都市とその近郊都市における国立小学校受験に合格する子の特徴について述べたいと思います。

すべてがオールマイティーに

国立小学校受験に合格する子の特徴は一言でいうとすべてがオールマイティーにできる子です。

私立小学校受験の場合、運動能力テストや絵画・制作が実施されない学校もあります。
子どもの特性に合わせて、受験する学校を選ぶことが可能です。

一方、国立小学校受験ではペーパー、絵画・制作、行動観察、運動、面接があります。
更に音楽的なテストまで実施する学校もあるのです。
どれか一つでも点数が低いと合格することは難しいでしょう。

とことんオールマイティーに

国立小学校受験に合格する子はすべてがオールマイティーに熟す子ですが、本当にとことんオールマイティーにできる必要があります。

明るく、元気であることは当然のことです。ペーパーはできて当たり前の前提になります。
おまけに解答欄にいくつかの○を書くことを要求された場合、すべて同じ大きさで綺麗に書かねばなりません。
書き方が雑だとマイナス評価につながります。

学校側としては、あらゆることに面倒がらずに卒なくこなす子どもが欲しいのです。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?

お受験は幼稚園年中・年長に入ってからでいい・・そう思っていませんか?
しかし、実際は0歳〜1歳からの母親の働きかけや子育ての仕方で、幼稚園からのお受験対策教室に通った時の成績結果が異なります。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマンの研究では、「親の賢さに関係なく、質の高い幼児教育を受けていた子供のほうが、小学校以降の学力・年収が高くなる」と発表しています。



子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:あの七田式より良いとお受験ママに人気!



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

フラッシュカードに加え、七田より教室が広く運動能力も高め、保護者へのコーチングレッスンもあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

>>平均IQ140の親子教室の詳細はこちら


2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



ポピーは、無駄な付録が一切ない、プリントワークに特化した通信教育です。

教科書に準拠ているので先取りもでき、月980円と圧倒的に安い料金が魅力です。