私立小学校は、国立・公立に比べるととても授業料が高いイメージがありますよね。
もちろん、授業料だけではなく、入学金も高い傾向があります。例えば、幼稚園の入学金が5万とすると3年間分として収めるわけです。
しかし、賃貸のように、頭金で後からお金が戻ってくるものではありません。

そのお金をお子さんの日常生活及び学力への反映し、よりよい学園生活のための投資のようなものです。
私立なので、はやり入学金も授業料も高く、家計にも響きますよね。どれだけ学力等が身につくといえど、家庭が苦しくなるほどだと考えものです。
平均的に入学金や授業料の相場はどうなのかをまとめてみました。

私立小学校の授業料について

私立小学校授業料は、年額にすると安い所で14万〜高い所で94万円になります。
月額にすると安い所で約14000円〜高いところで7万8000円ほどになります。
特に都内の私立は、有名な所が多く学費だけでもかなりの金額になります。

最低でも10万以上は授業料だけでかかることになります。
国立や公立が平均で月3万なので安い私立でも3倍以上かかることになります。
6年間3〜4倍違うとなれば、600万ほど違ってくるのではないでしょうか。

もちろん授業料のほかに、施設費や教材費や給食費も毎月かかってきます。
習い事もされるお子さんが多いのではないでしょうか。
そう考えると幼稚園に比べて小学校からは学年が上がるほど、月々の金額もあがってくる傾向があります。

私立小学校の入学金について

私立小学校に入学する前には、入学金を支払うと思いますが、大金が一括支払いのためとても大変ですよね。
入学金の平均について調べてみたところ、文部科学省で発表されているのが、私立小学校の入学金は、約368000円となっています。
入学金の支払いも合格発表から1週間以内が平均的ではないでしょうか?

ということは、入学金は入学する半年前には支払いすることになります。
それも考慮した上でお受験も考えなくてはなりませんね。
併願する場合は、同じ時期の試験日&合格発表がある所ならよいですが、違う場合は、犠牲が大きくなるかもしれません。

いかがでしたか?私立の中でも、はやり私立小学校は6年間もあるので一番お金が必要になる時期になりますね。
特に1年生の時が、入学金も含め一番お金がかかります。
私立小学校は、国立・公立に比べると3〜4倍以上かかると思ってください。

兄弟がいる場合は、大変だと思いますが、今から計画的にしていれば乗り越えれると思います。
日々の家計の見直しから初めてみるのもよいと思います。
良い小学校が見つかりより良い生活が送れますように。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?

お受験は幼稚園年中・年長に入ってからでいい・・そう思っていませんか?
しかし、実際は0歳〜1歳からの母親の働きかけや子育ての仕方で、幼稚園からのお受験対策教室に通った時の成績結果が異なります。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマンの研究では、「親の賢さに関係なく、質の高い幼児教育を受けていた子供のほうが、小学校以降の学力・年収が高くなる」と発表しています。



子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:あの七田式より良いとお受験ママに人気!



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

フラッシュカードに加え、七田より教室が広く運動能力も高め、保護者へのコーチングレッスンもあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

>>平均IQ140の親子教室の詳細はこちら


2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



ポピーは、無駄な付録が一切ない、プリントワークに特化した通信教育です。

教科書に準拠ているので先取りもでき、月980円〜と圧倒的に安い料金が魅力です。