3歳になると更にできることが増え、理解力もあがります。
習い事も3歳からの募集しているものへ参加が可能となってくるため視野もひろがってきますね。
では、3歳からおすすめする習い事は何か調べてみましたのでおすすめベスト5で紹介したいと思います。

5位 そろばん 

3歳から、受講することが可能となってきます。
そろばんは、記憶能力を発達させるおすすめの習い事です。
そろばんは右脳の記憶イメージを使用するようです。よくフラッシュ計算ができるのもそろばんのイメージを使用しているからですね。

4位 体操 

体操でも特に器械体操は良いと言われています。よく運動は脳の発達を施すと言われます。
脳に情報を吸収する力が鍛えられるそうです。
体操とは少し違いますが、ダンスもよいとされています。音楽に合わせて体を動かすことで運動野がかなり発達します。

運動は、瞬発力も鍛えられるので頭の切り替える力がつくようです。
体をたくさん動かすことでストレス発散にもなるので、3歳くらいの子には、とてもおすすめですね。

3位 武道 

3歳になると、武道が始めれる年齢になります。
武道は色々ありますが、一番人気なのは空手です。空手は道具がいらないので気軽にはじめれるからと意見を多く聞きます。
個人的におすすめなのは、剣道です。道具は揃えるにはお金がかかりますが、かなりの集中力が身に付きます。

どの武道をしても、体を鍛え強くなることで、精神力や集中力を培うことができます。
特に礼儀作法がしっかり身につくので、きちんと挨拶ができる子になります。
もちろん普段からの躾が一番大切です。

2位 スイミング 

スイミングは、どの年齢でもベスト3には入るほど人気ですね。
習い事の中でもおすすめの1つです。
スイミングは体を丈夫にすることは、もちろんのこと前頭葉が鍛えられると言われています。

スイミングは、呼吸が普段どうりにできないことで息継ぎをいつするか等を考えるため前頭葉が発達すると言われています。
たくさん泳ぎ、ストレス発散の1つになっていることも大きいのかもしれませんね。

1位 ピアノ 

ピアノについては、以前脳科学者がおすすめする習い事として取り上げたため急激に伸びた習い事の1つです。
脳科学者の意見では、同時処理能力が発達する。と言われています。
その他にも達成感がある。努力や忍耐・集中力。たくさんのメリットがあるのです。

どの習い事でも同じですが、努力が成果に現れ達成感が大きい習い事ではダントツなのかもしれないですね。

いかがでしたか?習い事も悩みますよね。一昔前は、習い事をしている人の方が少なかったのに、現在ではしてない人の方が少ないのです。
それなのに、学力が低下していると言われてる現代です。学習関心は深まっているのに不思議ですよね。
家で教えてあげることも大切です。その中でも1つくらいは集団の習い事もあってもよいかもしれませんね。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?

お受験は幼稚園年中・年長に入ってからでいい・・そう思っていませんか?
しかし、実際は0歳〜1歳からの母親の働きかけや子育ての仕方で、幼稚園からのお受験対策教室に通った時の成績結果が異なります。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマンの研究では、「親の賢さに関係なく、質の高い幼児教育を受けていた子供のほうが、小学校以降の学力・年収が高くなる」と発表しています。



子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:あの七田式より良いとお受験ママに人気!



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

フラッシュカードに加え、七田より教室が広く運動能力も高め、保護者へのコーチングレッスンもあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

>>平均IQ140の親子教室の詳細はこちら


2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



ポピーは、無駄な付録が一切ない、プリントワークに特化した通信教育です。

教科書に準拠ているので先取りもでき、月980円〜と圧倒的に安い料金が魅力です。