初めて小学校お受験にとりかかる時、かならず最初に迷うのが塾選びだと思います。

あまりにたくさんあるお受験用塾の中から、お子さんや志望校合格にベストな塾を選ぶのはとても大変です。

いつから通わせればいい?塾にかかる費用は?お受験本番まで週何回くらい?短期決戦は難しい?などなど、悩みはつきないものです。では、お受験塾選びのコツとはなんでしょうか?

お受験用の塾選びが合格切符につながる

どの塾に通わせるかで、お子さんの志望校合格が決まる、といっても過言ではありません。ですから、早急に広告や口コミなどに躍らされて慌ててお受験用塾選びをしてはいけません。まずは体験教室にお子様を入れてみて、「お子様にあうかどうか」を見極めてください。

年少さんから通わせるにせよ、年長さんから通わせるにせよ、行くのはお子さんです。塾選びをする際に先生と合わない、お教室の雰囲気が好きになれないとお子さんがおっしゃったら、そこはNGです。

よくお考えください。お受験をするお子さんはまだ、3〜6歳。楽しんでとりかかれないまま通わせれば、かならず負担になり、お受験そのものに前向きにむかうことができなくなります。

お子さんが楽しめ、かつ積極的に通いたがる塾選び、そこからぜひ始めてみてください。

大手が必ずいいとは限らない

広告を手に取り、素晴らしい合格率や合格校、合格者数を見て、やはり通わせるなら大手と思われる保護者様が多いのは確かです。でも、一度大手の塾の広告を全て並べてみてください。何かおかしくないでしょうか?

すべての塾の合格者数を足すと、各学校の合格者数をはるかに超えている。ということにお気づきでしょうか。

 確かに、受講生が多いため、過去の入試データは豊富です。そこから開発される問題にいいものが多いのも確かです。

でも、受講生が多いがゆえに、受かりそうな資質をもったお子さんには目をかけ、時間がかかりそうなお子さんには冷たいこともあります。

もし、ご自分のお子さんが、幼稚園や保育園、あるいはお稽古の場で、ちょっと人より習得するのに時間がかかるケースや、人の話を聞くのが苦手な場合には大手より個々をきちんと見て、育ててくださる小規模な塾選びをされることをおすすめします。

逆に、とてもしっかりされていて、おうちでのお勉強も苦にならず、お受験を自覚して自分から勉強していくタイプのお子さんなら、大手に行き、どんどん他流試合をなさるといいと思います。

お子さんは一人ひとり全然違います。周りのお子さんがどうとか、どこの塾があっていたとか、そういう情報だけに振り回されず、ご自分のお子さんの長所、短所を見据え、ご自分の目とお子さんの体験できちんとご判断をし、途中で変えることも考慮に入れてお受験用塾選びをしましょう。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?

お受験は幼稚園年中・年長に入ってからでいい・・そう思っていませんか?
しかし、実際は0歳〜1歳からの母親の働きかけや子育ての仕方で、幼稚園からのお受験対策教室に通った時の成績結果が異なります。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマンの研究では、「親の賢さに関係なく、質の高い幼児教育を受けていた子供のほうが、小学校以降の学力・年収が高くなる」と発表しています。



子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:あの七田式より良いとお受験ママに人気!



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

フラッシュカードに加え、七田より教室が広く運動能力も高め、保護者へのコーチングレッスンもあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

>>平均IQ140の親子教室の詳細はこちら


2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



ポピーは、無駄な付録が一切ない、プリントワークに特化した通信教育です。

教科書に準拠ているので先取りもでき、月980円と圧倒的に安い料金が魅力です。