子どものお受験に、母親のお受験バッグだけが合否を大きく左右することはないとは思いますが、どういうお受験バッグを持つべきなのか、初めてお受験を経験する母親としては悩む要素の一つになると思います。

どんなお受験バッグが良いのか

基本的にはどなたでもウェルカムな公立とは違い、お受験の場合には、子どもを通わせたい学校の方針と意向に確実に賛同できる父兄であることが絶対条件です。
どんなに子どもの出来が良くでも、父兄の態度や振る舞いが学校に合わないと見なされると合格をいただくことはできません。

子どもが一生懸命頑張っているのにその妨げになるようなことはしたくないですよね。
少しでも子どもの合格に力添えができるような母親になりたいと考えるのが当然だと思います。

それは簡単なことです。通わせたい学校の教育理念を理解し、その学校をよく知りさえすればどんな父兄が求められているのかも分かってきます。
それと同時に母親のお受験バッグの悩みも解消されます。

学校に合わせて母親のお受験バッグを選ぶ必要があります

ある程度自由な雰囲気で個性を大切にしている学校であれば、そこまで母親のお受験バッグに神経質になる必要はないでしょう。
しかしながら、昔からの伝統を非常に大切にされている様な学校であれば当然母親のお受験バッグバッグにも気を遣う必要があります。

つまり、合格をいただきたい学校に合わせて、母親のお受験バッグを選べさえすれば大丈夫なのです。
常識的に間違わなければあとは、母親の好みや予算に合わせたお受験バッグを持って挑めば自然と合格の結果もついてきます。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?

お受験は幼稚園年中・年長に入ってからでいい・・そう思っていませんか?
しかし、実際は0歳〜1歳からの母親の働きかけや子育ての仕方で、幼稚園からのお受験対策教室に通った時の成績結果が異なります。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマンの研究では、「親の賢さに関係なく、質の高い幼児教育を受けていた子供のほうが、小学校以降の学力・年収が高くなる」と発表しています。



子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:あの七田式より良いとお受験ママに人気!



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

フラッシュカードに加え、七田より教室が広く運動能力も高め、保護者へのコーチングレッスンもあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

>>平均IQ140の親子教室の詳細はこちら


2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



ポピーは、無駄な付録が一切ない、プリントワークに特化した通信教育です。

教科書に準拠ているので先取りもでき、月980円と圧倒的に安い料金が魅力です。