自由学園初等部情報

創立年度:1927年
児童数:154名(男子65名 女子89名)
教員数:22名(正教員17名 講師5名)
住所:東京都東久留米市学園町1-8-15  
最寄駅: 西武池袋線「ひばりが丘」駅
    

自由学園初等部の教育理念

信仰をもった2人のジャーナリストにより真の自由人を輩出するため建学。キリスト教と「自労自治」の精神に一貫された学園生活の中で責任感・自主性・問題解決力・友情や協力を学び、逞しいリーダーを育てる。

自由学園初等部の施設

10万平方メートルの広大なキャンパス。都内唯一の木造校舎。創立当時の校舎(明日館:目白)は高名な建築家F.L.ライトにより、現在は重要文化財。食堂。温室・畑。

自由学園初等部のクラブ活動

なし

卒業後の進路情報

中等科へ7割前後が進学。内部試験(推薦と面接)で優先的に進学します。

自由学園初等部の学費

授業料    504,000円
光熱衛生費 25,200円
維持費  84,000円
父母会費 22,800円
食費  77,000円
食器代(一括) 3,300円

合計:716,300円

自由学園初等部の入試情報

募集人員:一次 第1学年40名(男女計) 二次 若干名
考査料 :20,000円
内容  :ペーパー、行動観察、運動、個別、面接、その他(アンケート)

自由学園初等部の特色

*第一第三土曜も授業があります。
*幼稚園から大学までの一貫教育学校になります。
*2021年には、100周年になります。伝統ある学校です。

*英語は、1年生からあります。
*全学年、週2回朝の20分授業があります。
*数学は、週2回は2クラスに分けて少人数授業を行いしっかり基礎、基本を身につけます。

*家庭科は5年生から始まります。
*1年生から体験学習もあります。3年生からは、宿泊体験学習もあります。
*学級を6〜7名に分け、1グループを家族と呼んでいます。家族のように助け合って生活や勉強をします。

*毎日礼拝から1日がスタートします。
*昼食は、全校生が食堂に集まり父母による手作りの食事をいただきます。1つのテーブルに全学年が囲みます。(縦割り)
*毎日1日の始まりに生活整理として授業や行事の予定を確認します。1日の終わりにも生活整理をしその日の出来事を報告し合う時間になります。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?

お受験は幼稚園年中・年長に入ってからでいい・・そう思っていませんか?
しかし、実際は0歳〜1歳からの母親の働きかけや子育ての仕方で、幼稚園からのお受験対策教室に通った時の成績結果が異なります。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマンの研究では、「親の賢さに関係なく、質の高い幼児教育を受けていた子供のほうが、小学校以降の学力・年収が高くなる」と発表しています。



子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:あの七田式より良いとお受験ママに人気!



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

フラッシュカードに加え、七田より教室が広く運動能力も高め、保護者へのコーチングレッスンもあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

>>平均IQ140の親子教室の詳細はこちら


2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



ポピーは、無駄な付録が一切ない、プリントワークに特化した通信教育です。

教科書に準拠ているので先取りもでき、月980円〜と圧倒的に安い料金が魅力です。