小学校受験の行動観察って何をするのでしょうか?
ペーパーと言われる筆記試験では大きな差がつかないので、行動観察が合否を大きく分けるといわれます。

小学校受験の行動観察の試験方法は、学校によって違いますが、グループでの遊びや制作活動を通じてテストされています。

小学校受験の行動観察で見えてくるもの

行動観察試験を通じて、小学校側は素のありのままの子どもの姿を見たいと思っているのではないでしょうか。

初対面のお友達とうまく会話し、最後まで協力することができるのか。
最初は調子良くリーダーシップを発揮していても、途中で飽きてしまっては我慢が足りない子だと判断されてしまいますね。
他のお友達とまったく仲良く遊べない子どもだと協調性に欠けるとみなされることでしょう。

学校側は、入学後にきちんと先生の話を聞けて指示に従える熱心な姿勢を持っている子どもに入学して欲しいと思っています。
行動観察によって見えてくる子ども本来の姿を見たいのだと思います。

小学校受験の行動観察をうまく乗り越えるために

日頃よりきちんと家庭で躾を行っていれば、小学校受験の行動観察試験はそんなに心配することもなくほぼほぼ大丈夫だと思います。

それでも、運悪く全く躾がされていない様な子どもと我が子が一緒のグループで試験を受けることになった場合は致命的です。
運が悪かったとしか言いようがないですが、それで今までの努力が水の泡となることは避けたいものです。

願書の提出順に試験グループが決まると言われている学校であれば、熱心な家庭ほど早く提出するものです。
そんな家庭で育っている子どものグループに入る可能性が高いと、行動観察グループも大きな問題なく受けることができることでしょう。

小学校受験の行動観察試験は対策の仕様が難しいように思われるかもしれます。
でも、普段から家庭で当たり前のことを当たり前にできるようにしていれば心配はいりません。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?

お受験は幼稚園年中・年長に入ってからでいい・・そう思っていませんか?
しかし、実際は0歳〜1歳からの母親の働きかけや子育ての仕方で、幼稚園からのお受験対策教室に通った時の成績結果が異なります。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマンの研究では、「親の賢さに関係なく、質の高い幼児教育を受けていた子供のほうが、小学校以降の学力・年収が高くなる」と発表しています。



子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:あの七田式より良いとお受験ママに人気!



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

フラッシュカードに加え、七田より教室が広く運動能力も高め、保護者へのコーチングレッスンもあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

>>平均IQ140の親子教室の詳細はこちら


2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



ポピーは、無駄な付録が一切ない、プリントワークに特化した通信教育です。

教科書に準拠ているので先取りもでき、月980円と圧倒的に安い料金が魅力です。