お受験で、大抵避けて通れないのが、面接です。お受験の面接で初対面の印象をよくし、志望校の合格切符を手にするためには何を重視すべきでしょうか。最大のポイントは服装です。

お受験の面接に相応しい本当の服装選びとは?

お受験の服装選びをする際、何をまず、重要視しますか?お受験塾やデパートのアドバイスでしょうか。もちろん、アドバイスに耳を傾け、その通りに服を購入されることも悪くはありません。

でも、落ち着いて考えてみてください。お受験塾やデパートは、他の親御さんやお子さんにも服装に対する同じアドバイスをしています。

私の経験上申し上げると、お受験会場に行くと、初対面の人たちばかりですが、どなたとどなたが一緒のお受験塾か、あるいはどちらの百貨店でお買いになったか、一目でわかります。それくらい、特定の人たちのアドバイスに服装の趣味を動かされてしまっている方が多いのです。

どうしてもご自分でお子さんやご自分に似合った服装を選ぶ自信がない場合を除いたら、ぜひご自身の目でお子さんらしい服装を選んでください。

<服装選びのポイントとは?>

さて、選ぶ際に大事なことをまとめてみましょう。お子さんらしい、似合う格好と言っても、なんでもいいわけではありません。

お嬢様、お坊ちゃま学校を受験される方は清楚な、品のある服装選びが大事です。必ずしも紺やグレーがいいわけではありません。お子さんの顔色に合わせて、ワンピースやシャツに淡いブルーを選ぶのもいいと思います。ただ、試験官が、受験生がその学校の制服を着ているところをイメージしやすい服装を選びましょう。

元気なお子さんを望まれている学校では、女の子ならばキュロットスカートを選択するのも悪くありません。国立受験では、動きやすい服装で受験することと明記されますので、私立・国立両方で活用できます。

男の子で大事なのは、おトイレに行きやすいもの。普段ベルトをしていないのに、受験日にベルトをさせたり、つりズボンにしたりすると、それだけで緊張の素になります。

親御さんの服装選び

親御さんの服装は、あくまでお子さんの引き立て役であることを忘れず、一緒にいて違和感のないものを選択してください。そして、私立を受験される際に大事なことは、服装にお金をきちんとかけること。どんなにデザインがよく、ご本人に似合っていても、生地が安価なものか否かは見る人がみればわかります。
試験官は、よくも悪くも、経済的に恵まれた家庭かどうか、という視点で必ず上から下までチェックします。お子さんの一生がかかっていると考え、スーツや靴、バッグはそれなりのものをお買いください。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?

お受験は幼稚園年中・年長に入ってからでいい・・そう思っていませんか?
しかし、実際は0歳〜1歳からの母親の働きかけや子育ての仕方で、幼稚園からのお受験対策教室に通った時の成績結果が異なります。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマンの研究では、「親の賢さに関係なく、質の高い幼児教育を受けていた子供のほうが、小学校以降の学力・年収が高くなる」と発表しています。



子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:あの七田式より良いとお受験ママに人気!



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

フラッシュカードに加え、七田より教室が広く運動能力も高め、保護者へのコーチングレッスンもあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

>>平均IQ140の親子教室の詳細はこちら


2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



ポピーは、無駄な付録が一切ない、プリントワークに特化した通信教育です。

教科書に準拠ているので先取りもでき、月980円と圧倒的に安い料金が魅力です。