小学校のお受験を考えた時に小学校を選ぶにあたり志望理由があると思います。
そして、小学校に合格するためにお勉強や運動を習ったり、お家でしたりしますよね。
ほとんどの小学校が夏以降から願書の受付が始まりますが、一番はじめに我が子を知ってもらうのが願書です。

願書によって家庭環境や家庭教育方針の情報を小学校側は知ることになり大切な書類です。
小学校側が、一番重視されるのが志望理由です。
そこで、願書での志望理由について気をつけるポイントをまとめたいと思います。

小学校側が願書から知りたいことは?

大まかに2つあります。
1つ目はお子さんがどのような子なのか
2つ目は志望校をどれほど理解した上で志望されているか

子供がどういった性格なのか?長所を見つけることが大切です。
志望校の教育方針と家庭での教育方針は一致しているのか等を願書より読み取っています。

家庭での教育方針を見直そう

小学校の願書の志望理由は大切とお伝えしたように、志望理由には、家庭での教育方針がわかるような書き方を入れる必要があります。
しかし、いざ書こうと思っても、短い文字で表現するのはとても難しですよね。
頭では、こういう子になって欲しいと思っていても言葉に治そうと思っても漠然とした教育方針だったと感じることもあるかと思います。

教育方針がしっかりすれば、どの願書の志望理由も書けて、小学校ごとの教育方針に合うようアレンジできると思います。
まずは、どのような子になって欲しいのかをたくさん書き出してみましょう。
そして、そのためにはどのようにするべきかを考えると自ずと教育方針が決まってきます。

例えばですが、
*未来を自分で切り開く子になってほしい
*相手の事を考えられる子になってほしい
*色んな角度から物事を考えられ必要な情報を導き出せる子になってほしい

そのためには
*子供が頼んでくる以外は手出ししない。見守るのみ
*失敗や経験をたくさんさせる
*家族や他人をたくさん会話させる
*絵本や図鑑をたくさんみる
*ナンバーワンよりもオンリーワン

などが決まってきますよね。それが教育方針でもあります。

志望理由でのポイント

次に志望理由を記入する際に気をつけるポイントを小出しでまとめていきたいと思います。

*教育方針や子供の性格を書きすぎるのもよくない

これは、かならず組み込むことではありますが、ダラダラとたくさん書けばよいのではありません。
いかに簡潔に分かりやすく伝えれるかです。たくさん詰め込みすぎると文自体が長くなり伝わるものを伝わらないからです。

*日記や手紙のようにならないように

具体例を入れる場合に日記や手紙のような書き出しや内容にならないように気をつけましょう。

*論文のようにならないように

〇〇におもうのであります。や〇〇に違いありません。まさにこれが親の願いであります等の言い回しは本を読んでいるようでよくありません。
書く際には、〇〇だと考えます。〇〇だと思います。等の表現を使うようにしましょう。

*他校の批判等は書かない

志望校以外の学校や普段の生活での塾など、他を批判したり比べたりするような表現は使用しないようにしましょう。
批判することで志望校を引き立てるのはタブーです。

いかがでしたか?願書での志望理由では志望校のカラーと家庭教育のカラーが一致しているのかが知りたい項目となります。
それがアピールできるような志望理由がしっかり書けることが大切になってくるのでまずは、家庭での教育方針の見直しをしてみましょう。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?

お受験は幼稚園年中・年長に入ってからでいい・・そう思っていませんか?
しかし、実際は0歳〜1歳からの母親の働きかけや子育ての仕方で、幼稚園からのお受験対策教室に通った時の成績結果が異なります。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマンの研究では、「親の賢さに関係なく、質の高い幼児教育を受けていた子供のほうが、小学校以降の学力・年収が高くなる」と発表しています。



子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:あの七田式より良いとお受験ママに人気!



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

フラッシュカードに加え、七田より教室が広く運動能力も高め、保護者へのコーチングレッスンもあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

>>平均IQ140の親子教室の詳細はこちら


2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



ポピーは、無駄な付録が一切ない、プリントワークに特化した通信教育です。

教科書に準拠ているので先取りもでき、月980円〜と圧倒的に安い料金が魅力です。