個別テストは、一番ドキドキしますよね。
普段の躾と子供が一人でどこまでできるのかが良くわかります。
個別テストは、日常生活や普段からの会話がきっちりできていれば心配はありませんが、参考になるよう内容についてまとめてみました。

個別テストの内容

*お話の記憶や推理
*仲間分け
*具体物を使用しての行動
*好きな歌やきせつの歌
*色や形についての問い
*好きな物についての問い
*カードを見せられてお話作り
*昔話や童謡についての質問
*普段の日常についてのお話
*生活常識についてのお話

個別テストへの対策は?

個別テストは、全て家でしっかりした日常生活及び会話をしていたら心配することはありません。
個別テスト対策のために、塾に行く方もいます。
それも1つの自信や普段の家ではしたことなかったことを始めて知ることになる子もいるかもしれません。

日常生活の内容や会話については、家庭の色があり、それが普段からしていることかどうかは違いますよね。
私は、絵本や歌は全てが学べることだと考えています。
日常生活についても、知識や行動も全て学ぶことができます。

絵本や歌を使って、それについて話たり、絵本の中で踊っていたら一緒に踊ってみたり、物や友達の大切さも学べます。
小さい頃から絵本や歌をしていた子は、両親からの語りかけも多いため、会話も充実しているように感じます。
たくさん会話し、季節の時期には、外へ季節のものをたくさん見つけにいきましょう。

洗濯や洗い物や掃除も普段から一緒に行って、お母さんが行うことは一緒にしているとよいです。
子供としての対応や上から目線ではなく、1人の人として対等に接することで大きく成長することが多いです。
私は大人あなたは子供という考え方を変えると色んなことが見えてくると思います。

いかがでしたか。最近では、ペーパーテストを中止し、個別テストを実施するところが増えてきました。
1人1人と向き合って会話することで、その子自身のことを知ることができるからです。
一番は、普段からの親子の会話と生活が大切になってきますので、しっかりコミュケーションをとるようにしましょう。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?

お受験は幼稚園年中・年長に入ってからでいい・・そう思っていませんか?
しかし、実際は0歳〜1歳からの母親の働きかけや子育ての仕方で、幼稚園からのお受験対策教室に通った時の成績結果が異なります。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマンの研究では、「親の賢さに関係なく、質の高い幼児教育を受けていた子供のほうが、小学校以降の学力・年収が高くなる」と発表しています。



子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:あの七田式より良いとお受験ママに人気!



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

フラッシュカードに加え、七田より教室が広く運動能力も高め、保護者へのコーチングレッスンもあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

>>平均IQ140の親子教室の詳細はこちら


2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



ポピーは、無駄な付録が一切ない、プリントワークに特化した通信教育です。

教科書に準拠ているので先取りもでき、月980円〜と圧倒的に安い料金が魅力です。