小学校受験にあたり、学校説明会に参加される方がほとんどです。
そこで願書の販売をしていたり配布しているとこもありますよね。
小学校受験校を絞れていない場合でも、説明を聞いて決まった人もいます。
では、みんな何件ほど学校説明会に参加しているのでしょうか?

実際は何件くらい行った?

私自身の体験と、他の保護者の体験などを合わせてまとめたいと思います。
ほとんどの方が、説明会にいく前にはすでに本命が決まっている家庭が多いです。
本命が決まっているので幼稚園のときから塾や小学校受験対策をしているのです。

本命の小学校1校と言い方は悪いですが、滑り止めの小学校受験校を3校ほどに絞った上で学校の説明会に行っています。
なので、学校説明会に行く目的がはっきりしている保護者の方が多かったりします。
本命の小学校受験校に関しては、最終確認のために行きます。

そして、滑り止めとしての学校説明会では、HPに記載されていない内容等を話を聞いて吟味し、子供達の生活環境などを見るために行きます。
本命校も入れて学校説明会の件数としては3〜4校の方が多いように思います。
もちろん、本命校のみに絞るかたもいらっしゃいます。

子連れで学校説明会に行ける場合も

学校によっては、保護者のみの学校説明会を行うところもあります。
その場合、子連れでいく場合は、問い合わせして子連れの場合は、別に見学させてくれるところもあります。
それによりマイナスになることはありません。

どのくらい行ったほうがよいのかですが、行く前には皆さん学校HPをみますよね。
学校の教育方針や今後の子供たちの生活の紹介などを見て情報を集めた上で学校見学に参加されると思います。
興味が沸いたから。もっと知りたいと思ったから。子供たちの様子を実際見てみたい。先生はどんな方が多いのかを見たい。

文面だけでは、判断できないことがたくさんあります。だからこそ、実際に出向いて判断したいのではないでしょうか?
なので、気になるお受験小学校があれば、どんどん学校説明会に参加されるとよいと思います。
先生の話以外に、保護者からの情報も入ってくるかもしれません。

いろいろな学校説明会に行って吟味しましょう!

たくさん学校説明会に参加されることは、損にはなりません。色んな人の話を聞いているうちに子育ての知識も学べることもあると思います。
実際の子供達や先生達の様子が見れることは、とても良いメリットです。
先生も毎年変わったりするので、去年と今年とで違うことも出てくるかもしれません。

気になる所があれば、気にせず我が子にためにもたくさん見て回るのがよいと思います。

いかがでしたか?家庭での方針が決まっているとぶれることもないかもしれませんが、学校説明会では学校校長もしくは理事長がお話もしてくれます。
小学校ごとのトップのお話を聞くのは、中々ない経験なので、小学校受験しないとしても今後の参考のためにも参加してみてもよいのかなと思いました。

一番言えることは、自分の家庭での方針などをしっかり基盤にもちブレない気持ちを持った上で判断することが一番のポイントだと感じました。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?

お受験は幼稚園年中・年長に入ってからでいい・・そう思っていませんか?
しかし、実際は0歳〜1歳からの母親の働きかけや子育ての仕方で、幼稚園からのお受験対策教室に通った時の成績結果が異なります。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマンの研究では、「親の賢さに関係なく、質の高い幼児教育を受けていた子供のほうが、小学校以降の学力・年収が高くなる」と発表しています。



子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:あの七田式より良いとお受験ママに人気!



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

フラッシュカードに加え、七田より教室が広く運動能力も高め、保護者へのコーチングレッスンもあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

>>平均IQ140の親子教室の詳細はこちら


2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



ポピーは、無駄な付録が一切ない、プリントワークに特化した通信教育です。

教科書に準拠ているので先取りもでき、月980円と圧倒的に安い料金が魅力です。