お受験をする際によく利用されているのが、ごくま会の教材です。
おけいこカードをご存知でしょうか?様々な種類がありますが、実際には必要なのか?
何が良いかをまとめてみました。

おけいこカードってなに?

まずおけいこカードってなに?こぐま会の365日プリントはよく聞くけど、実際の内容はよく分からない方も多いと思います。
こぐま会には、おけいこカードというものがあります。1冊に数種類のカードがあり、自分で切り取り使います。
おけいこカードは12巻まであります。
別途でお母様の指導書も販売されています。それはひとりでとっくん365日です。

おけいこカードは、ひとりでとっくん365日をしている方が購入することが多いです。
というのもおけいこカードは、カードのみであり、指導者やそれに伴う問題等はないからです。

おけいこカードの種類としては
*おけいこカード1〜12巻が とっくんに合わせてあります。
カード自体は厚紙なので、とても使いやすいです。

おけいこカードがあれば何が良いの?

上記でも書きましたが、とっくん365日に合わせての購入が一番よいです。
とっくん365日は、ペーパーだけの平面のみの問題です。
子供が理解するには、もっと分かりやすい例がある方がよいと思いませんか?

とっくん365日にもお母様用の学習ノートがついており、どのように取り組んだらよいのか?
言葉かけから学習の仕方まで細かく記載されています。
それで上手にでき、カードがなくてもできる方はそれでもよいと思います。

だれでもですが、実際の物を見て学習する場合と、頭だけで理解するときの脳への記憶としては、前者の方が残りやすいですよね。
はやり、カードがあるのは、様々な視点に物事をみることもできるのかなと感じました。
学習以外の使用方法にも使いえるし、組み合わせで遊びながらの学習にももっていけると思います。

手作りでももちろんよいと思います。
10種類の厚紙カードが入って1000円なので、1枚100円です。
そう思えば、100均の手作りと同じくらいの値段になるので節約ももちろん大切ではありますが、手間や仕上がりをかんがれば損ではないのかなと思いますね。

購入にかんしては、1〜12冊ありますが項目をみて苦手なのだけ購入もできます。
セット販売ではありません。

おけいこカードを作成して、後ろに磁石をつけてホワイトボードや冷蔵庫でしてもよいですよね。
色んな使い方ができると思います。

いかがでしたか?こぐま会のカードはどれもしっかりしてて、とてもよい商品であると思います。
おけいこカードもおすすめです。
他にも数カード・お話カード・記憶カード・きおく練習カード・季節のカードを実際持っていますが、遊びの中に取り入れることでとてもスムーズに学習できました。
使い方のアドバイスもしっかりされているため、はじめての方でも安心して取り組めるます。

詰め込むための学習用としてではなく、家族でゲーム感覚で使用するのが一番です。
ぜひ、遊びの延長だと思って初めてみてはどうでしょうか_

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?

お受験は幼稚園年中・年長に入ってからでいい・・そう思っていませんか?
しかし、実際は0歳〜1歳からの母親の働きかけや子育ての仕方で、幼稚園からのお受験対策教室に通った時の成績結果が異なります。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマンの研究では、「親の賢さに関係なく、質の高い幼児教育を受けていた子供のほうが、小学校以降の学力・年収が高くなる」と発表しています。



子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:あの七田式より良いとお受験ママに人気!



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

フラッシュカードに加え、七田より教室が広く運動能力も高め、保護者へのコーチングレッスンもあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

>>平均IQ140の親子教室の詳細はこちら


2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



ポピーは、無駄な付録が一切ない、プリントワークに特化した通信教育です。

教科書に準拠ているので先取りもでき、月980円と圧倒的に安い料金が魅力です。