みなさんは小学校受験の場合、どのようなことが基準となるのでしょうか?
校風やその後の進路と評判などが先に考えることが多いと思います。
しかし小学校からは通学エリアが出てきます。幼稚園の時はバスが迎えにきてくれたり、家庭用自動車でいったりしていました。

どんなに遠くても入園許可が下りていました。しかし、小学校からは、基本、公共のものを利用しての通学となります。
バス・電車・徒歩等を利用して1年から6年まで通うことが必須となるのです。
だからこそ、小学校側は、通学エリア制限が設けられているところが多いです。

ではお受験で入園するのは、国立・私立とありますが、国立小学校の通学エリアはどうなのでしょうか?
どのように調べたらよいのか?をまとめてみました。

国立小学校の通学エリアは制限あるの?

公立や市立においては、お受験がなく住んでいる区域で小学校が振り分けられると思います。
一番子供にとって一番近く安全な通学エリアに重点をおいて考えられているのです。
ではお受験をするような国立小学校での通学エリアはどうなのでしょうか?

国立小学校も通学エリア制限が設けられています。
その区域に住民票があるのが前提で受験資格があります。
一時的に住民票を置いたり親族の住所もかりるのも禁止となっています。

通学エリアについては、小学校のホームページに区域が記載されているところがほとんどです。
そして、学生募集の際にも区域は必ず記載されているので、よく調べてから受験しましょう。
現在の日本での国立小学校数は73校となっています。(2008年時点)

地方では、国立小学校は1校のところも多いのではないでしょうか。
その場合、県の中心地くらいに立地されているところも多いため、区域に入っている場合も多いと思います。
国立は私立と違い通学エリアについては厳しい制限もありますのでホームページや説明会でしっかり確認が必要となります。

交通機関を利用してくるにあたり、一般的な安全ルートで公共機関を利用するなら良いとされている場合が多いです。
バスと電車どちらでも行ける区域に住んでいる方は、国立小学校ではバスを主に利用しなさい。や電車を主に利用しましょう。というような規定まではありません。
もちろん一般的な通学路というものが地域に設置されているのでその場所は通るようにするのは大切です。

まずは、希望の国立小学校がある場合は、通学エリア制限がどのような設定になっているのか確認してみましょう。

いかがでしたか?
小学校からは、どこも通学エリアが設けられています。
受験して入学するところでも、第一関門としては、通学エリア地域に住んでいるかが前提となるため、よく調べておくことが必要です。
ホームページに必ずのっているとは思いますが、犯罪防止のため詳しくは載せていない所もあります。

その場合は、直接電話で確認してみましょう。丁寧に教えてくれます。
子供は6年間毎日、通うところです。校風や通わせたい希望もあると思いますが、なるべく子供にとって負担にならないのが一番です。
よい学校生活になるとよいですね。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?

お受験は幼稚園年中・年長に入ってからでいい・・そう思っていませんか?
しかし、実際は0歳〜1歳からの母親の働きかけや子育ての仕方で、幼稚園からのお受験対策教室に通った時の成績結果が異なります。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマンの研究では、「親の賢さに関係なく、質の高い幼児教育を受けていた子供のほうが、小学校以降の学力・年収が高くなる」と発表しています。



子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:あの七田式より良いとお受験ママに人気!



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

フラッシュカードに加え、七田より教室が広く運動能力も高め、保護者へのコーチングレッスンもあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

>>平均IQ140の親子教室の詳細はこちら


2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



ポピーは、無駄な付録が一切ない、プリントワークに特化した通信教育です。

教科書に準拠ているので先取りもでき、月980円〜と圧倒的に安い料金が魅力です。