お受験される子は、お受験対策として幼児教室に通っている子が多いですよね。
特に地方よりも都心でお受験される方は、ほとんどの方が通われています。
そして、幼児教室は子供だけではなく、親子で参加する時間もあるところが多いです。

というのも、実際子供の様子を知ってもらい家庭でもしてもらうためであったり、家庭で対策を立てるためには
親が子供の取り組みを知っておかなければいけないと考える幼児教室が多いからです。
もちろん一概には言えませんが、お受験という言葉からしても、子供だけが受験するのではなく、親も受験するという意味が含まれているのかもしれませんね。

では、幼児教室での費用はどのくらい支出されているのでしょうか?
平均的なみなさんの費用相場をまとめてみました。

何歳から幼児教室へ通う?

幼児教室に通われる方は、お受験を受ける方だけではありません。
将来のために早くから早期学習として言っている方もいらっしゃいます。
幼児教室でもお受験ためのコースと一般知育クラスと分かれているところも多いです。

みなさん0歳〜の方もたくさんいらっしゃいます。平均としてて1歳〜通いだす人が多かったです。
歩けるようになったらの方がほとんどですね。
2歳からは、お受験対策コースや知育一般コースなどもあります。

幼児教室にも科目があり、3歳までなら親子で参加型が多いですね。
3歳以上の小学校受験のためとなると、子供だけの参加が主になるようです。

幼児教室の費用は?

今回は、幼稚園のお受験のための幼児教室についての費用をまとめてみます。
まず、一般的なよく知るICEやドラキッズやほっぺん・サンキッズ・七田等に通う方が多いです。
それも親子参加型ですが、月2・月4の教室かで費用も変わってきますが、大体5000〜15000円くらいになります。

更にくもんや学研もしている子も多く、科目ごとやセット項目もありますが、くもんの場合ですと、6500〜20000円になります。
お受験をされる方は、教育熱心な方も多く、特に都心でのお受験はかなり準備お受験に取り組まれているかたが多いです。
幼児教室も1つだけ通っているわけではなく、基本の幼児教室に色んな幼児教室をプラスアルファされているのです。

作法や躾の幼児教室まであり、その場合、1ヶ月が60000円〜となり高額です。
もちろんきちんとした作法や躾が身につくのでお受験以外に人として将来にも役には立てることだと思います。
ただ、費用がとても高額のため中々通うのを躊躇してしまいますよね。

親子で参加なので両親も身につく利点はありますが。
お受験のためではなかったのですが、幼児教室の一貫として、茶道を息子と参加していたことがあります。
子供用の茶道なので、雰囲気は少し違いますが、初めは全くじっとしていなかったのですが、正座というのはとても集中力が増すなと思いました。

そして、精神も落ち着いたように感じます。今は、お茶を立ててくれるときはじっと見て、簡単な作法もできるようになりました。
私自身が茶道がすきだったこともありますが、それは結果として全体的にその子を変化させるものだったと感じました。
結果お受験にもとても役にたった1つでもありました。
茶道は費用もそんなに高くもありませんので、とてもおすすめです。

幼児教室の相場まとめ

一般的な幼児教室           5000〜15000円
お受験対策もプラスアルファすると   約10000〜20000円

幼児教室の作法教室          60000〜100000円

幼児教室体操及び水泳         6500〜12000円
リトミック音楽            6500〜10000
英語教室               5000〜50000

個人が行っている幼児教室       3000〜6000

これは地方や都心で、費用にはかなりの差があります。
地方では、個人で行っている幼児教室に通っている方が多いです。
しかし内容は、一般的な知育+リズム+体操のセットでの価格なのでとても安いですね。

幼児教室に通い幼稚園に入園すると、エスカレーター式でも更に幼児教室の習い事が増え、かなりの費用が掛かってきます。
お受験で入るということは、そのような環境になるということも頭に入れておく必要があります。
どんどん子供に期待と欲が出てくるものです。

お受験の習い事にはお金がかかる

子供のためという言葉の裏には、やはりそれだけお金がかけてきたら自分のためであり期待がとても膨らんでしまいます。
あまり負担にならぬよう、たまには家族で環境整理も大切だと思います。
お金もたくさんかけると、よくなる訳ではありません。普段の家庭環境が一番大切です。

その上で幼児教室へ通うようにしてください。幼児教室で育ててもらおうと思っていると上手くいかない人が多かったのをよく聞きます。
1週間が習い事ずくめだと子供は疲れてしまいます。期待のプレッシャーに潰れてしまいます。
親子での会話や遊びもたくさん取り入れてあげるようにすると良いようですよ。

まとめ

いかがでしたか?
幼児教室の費用は、すごい方だと複数通っているため50000円以上は当たり前の方も少なくありません。
1つ通うだけでも5000円以上〜です。幼児期から費用がかかりすぎてちょっとお受験を考えてしまうという方もたくさんいます。
それは第一関門であり、その後お受験に合格したら、さらに幼児教室等に通い費用がかさむのです。

お受験をする際には、将来性の事以外に費用の事もしっかり把握してから取り組むことをおすすめします。
幼児期は楽しく日々が過ごせることが一番です。小学校以降は嫌でもお勉強は必須になります。
あまり無理しない範囲で楽しく通っていけるのが一番ですね。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?

お受験は幼稚園年中・年長に入ってからでいい・・そう思っていませんか?
しかし、実際は0歳〜1歳からの母親の働きかけや子育ての仕方で、幼稚園からのお受験対策教室に通った時の成績結果が異なります。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマンの研究では、「親の賢さに関係なく、質の高い幼児教育を受けていた子供のほうが、小学校以降の学力・年収が高くなる」と発表しています。



子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:あの七田式より良いとお受験ママに人気!



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

フラッシュカードに加え、七田より教室が広く運動能力も高め、保護者へのコーチングレッスンもあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

>>平均IQ140の親子教室の詳細はこちら


2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



ポピーは、無駄な付録が一切ない、プリントワークに特化した通信教育です。

教科書に準拠ているので先取りもでき、月980円〜と圧倒的に安い料金が魅力です。