慶應義塾幼稚舎の願書の書き方のコツについてご案内します。

ご存知の通り、慶應義塾幼稚舎の試験では保護者の面接がありません。
従って、保護者が入学を切望していることを訴えられるのは願書のみとなります。
面接で緊張する必要はありませんが、その分冷静に保護者の内面を見られてしまいます。

自由記入欄

慶應義塾幼稚舎の願書には保護者が自由に記入できるスペースが用意されています。
ご自由にどうぞ!となっていても一体なにを書いたら良いのかと思ってしまいます。
本当になんでも自由にアピールしたいことを書いて大丈夫です。

ただし、ここで大切なのは書き方です。
願書のスペースは限られてる中で、いかに明確に論理的に書く必要があります。

福翁自伝の感想

願書の自由記入欄において、志望理由、我が子と我が家アピールを思う存分書いた次は福翁自伝の感想を述べます。

福翁自伝と我が子を育ていくうえで共鳴できることを、願書上の文面で求められています。
慶應義塾幼稚舎へ入学して、福沢諭吉の精神を受け継いでいける家庭で育っている子どもであるかどうかを判断されるのです。

ここでの書き方は、自由記入欄と同様に論理的に展開していくことはもちろんのことです。
そして、慶應義塾幼稚舎の教育方針に賛同していることを絡めながら書いていきます。

我が子をどうしても慶應義塾幼稚舎で学ばせたいという想いがあれば意外とスラスラ書けるものです。
ついつい熱くなりすぎて、あれもこれもと欲張ると何が言いたいのかよく分からない文章になってしまうので、その点に注意してください。

6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?

お受験は幼稚園年中・年長に入ってからでいい・・そう思っていませんか?
しかし、実際は0歳〜1歳からの母親の働きかけや子育ての仕方で、幼稚園からのお受験対策教室に通った時の成績結果が異なります。

ノーベル経済学賞を受賞したヘックマンの研究では、「親の賢さに関係なく、質の高い幼児教育を受けていた子供のほうが、小学校以降の学力・年収が高くなる」と発表しています。



子どもの頭を賢くする幼児教室リスト

1:あの七田式より良いとお受験ママに人気!



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気が高まっている教室です。

フラッシュカードに加え、七田より教室が広く運動能力も高め、保護者へのコーチングレッスンもあります。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます

>>平均IQ140の親子教室の詳細はこちら


2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



ポピーは、無駄な付録が一切ない、プリントワークに特化した通信教育です。

教科書に準拠ているので先取りもでき、月980円〜と圧倒的に安い料金が魅力です。